一般社団法人 日本建築協会 ARCHITECTURAL ASSOCIATION OF JAPAN

吉田憲司氏講演会と会員交流懇親会のご案内

■吉田憲司氏講演会

タイトル:
「文化都市・大阪のレガシーその歴史を2025大阪・関西万博につなぐ」

「大阪は商都と呼ばれる。あれは、東京の連中が、大阪をおとしめようとして言い始めたことです。大阪は、昔から、文化都市であった」。

その発言のあと、会場から、わっという歓声と拍手が起こりました。大阪市内でおこなわれた、初代、国立民族学博物館長・梅棹忠夫の講演会での、梅棹の発言です。会場には私も同行したのですが、確か、1997年のことであったと思います。

言われてみれば、その通りです。大仙古墳以来、1500年を超える長い歴史の中で、これほど重層的な文化をもつ都市は、日本には、大阪以外にみられません。その意味で、大阪は日本一の文化都市であると、言っても間違いないと思います。大阪はまた、我が国きっての博覧会都市でもあります。

今回の私の講演では、文化都市・大阪の歴史を振り返り、そのレガシー(遺産)を2025年大阪・関西万博にどう生かしていくのか、そして大阪・関西万博の何をレガシーとして次の時代に手渡すのかを考えます。

■会員交流懇親会

第1部 第69回青年技術者、第5回片岡安賞の発表
第2部 会員交流懇親会
会員相互の情報交換、交流、親交を深めるため会員交流懇親会を開催します。

■日時、場所等

と き 2022年6月30日(木)
●吉田憲司氏講演会 16:30~17:30
●会員交流懇親会
・第1部 青年技術者・片岡安賞発表
 17:40~18:40
・第2部 会員交流懇親会
 19:00~20:00
場 所 「ザ・ガーデンオリエンタル・大阪」
大阪市都島区網島町10-35
定 員 講演会 80名
懇親会 120名
*いずれも先着順
会 費 講演会 無料
懇親会 5000円
事前に下記口座へお振込み下さい
振込先 三井住友銀行大阪中央支店
(普通 860034)
申込先 一般社団法人 日本建築協会
問合せ 電話 : 06-6946-6981
FAX : 06-6946-6984
E-mail : soumu@aaj.or.jp
申込締切 6月20日(月)

*当日は軽装でご出席ください。

※新型コロナウィルス感染の広がり等の状況により、開催中止や実施方法の変更等が生じる場合があります。変更する場合は当協会HPや「建築と社会」 6 月号に掲載するとともに、すでにお申込みいただいた方については、メール等で個別にご連絡いたします。
またご参加の際には、新型コロナウィルス感染予防のため、以下の点にご協力いただきますようお願いいたします。
・マスクの着用
・こまめな手洗い、手指の消毒
・当日の体温確認
体調のすぐれない方は、ご参加をお控えください。

吉田 憲司

講演会講師
吉田憲司(Kenji Yoshida)
国立民族学博物館長

国立民族学博物館の第6代館長。 2017年4月から現職。京都大学文学部卒業、大阪大学大学院文学研究科修了(学術博士)。アフリカを中心とした儀礼や仮面の研究を進めるとともに、ミュージアム(博物館・美術館)における文化の表象のあり方を研究している。主な著書に『仮面の世界をさぐる アフリカとミュージアムの往還』(臨川書店、2016)、『宗教の始原を求めて―南部アフリカ聖霊教会の人びと』(岩波書店、2014)、『文化の「肖像」―ネットワーク型ミュージオロジーの試み』(岩波書店、2013)、『文化の「発見」―驚異の部屋からヴァーチャル・ミュージアムまで』(岩波書店、1999)、『仮面の森―アフリカ、チェワ社会における仮面結社、憑霊、邪術』(講談社、1992)など。

お申し込みフォーム

申込区分 ※必須

申込者氏名

※必須
ふりがな ※必須

ご連絡先

郵便番号 ※必須
住所 ※必須
ご連絡先TEL ※必須
E-mailアドレス ※必須   ※半角英数

※ドメイン@aaj.or.jpを受信できるようにメールの受信環境の確認、設定をお願いします。

確認用E-mailアドレス ※必須   ※半角英数

お申し込み後、確認のご連絡をさせていただきます。
ご連絡がない場合はお手数ですがお電話にてご確認おねがいいたします。

TOP