U-35委員会について

U-35委員会の活動目的

(一社)日本建築協会における「若手設計者を中心とした協会活性化のための新たな活動プログラム」として、関西を中心に活動する組織設計・ゼネコンの概ね35歳以下(U-35)の若手設計者が集い、2013年4月より設立された組織です。

  1. ①業種・組織を超えた同世代をつなげるプラットフォームの創出
  2. ②U-35世代の多角的な視野の獲得
  3. ③建築における多様な価値の社会への発信

U-35委員会の主な活動

私たちの主な活動として、inputの場である「talkbaton」とoutputの場である「action」があります。
talkbatonとactionに共通する手法として、「建築と社会」の関わりについて、皆が分かりやすく問題を共有していけるよう、対象とする「社会」を身近なレベルにスケールダウンして、「建築と○○」というタイトルを企画毎に設定しています。
建築の身近にある様々な社会との接点について、私たちなりの視点で切り開いてきた活動の軌跡をぜひご覧ください。

新着情報

talk baton

一覧はこちら

action

一覧はこちら

その他

一覧はこちら