一般社団法人 日本建築協会 ARCHITECTURAL ASSOCIATION OF JAPAN

主催:(一社)日本建築協会京都支部、共催:(公社)日本建築家協会近畿支部京都地域会
令和4年度第1回セミナー
『古都の占領』をふりかえる – 侵略の歴史が書き換えられる進行中の現代史の中

座談会 :『古都の占領』著者 西川 祐子氏、デジタル地図作成 河角直美 氏とともに

CPD2単位 オンラインおよびリアル(5名)で開催します。

概要
※今回、講師の御二人はオンラインでのご参加となります。
2017年京都新聞大賞を受賞した「古都の占領」を題材に西川氏にお話を伺う会を開きます。
西川祐子氏は京都大学を修了後、教員、パリ大学留学をへて京都文教大学で2008年まで教鞭をとられてました。フランス文学から女性史、ジェンダー論などの著作やインタビュー調査のご経験から、“生活史”という独自のアプローチで「占領」を記述しておられます。
河角直美氏は立命館大学文学部地域研究域准教授で、専門は近代日本を対象とした歴史地理学、歴史GISを用いたデジタル人文学です。「京都市明細図」のデジタル化に取り組まれ、この本の口絵地図などにも関わられておられます。ここで言う「占領」とはGHQ(連合国軍最高司令部)による日本占領です。
今、ほとんど見えなくなり忘れ去られようとする「占領」とは何だったのか。私たちが京都近現代建築調査時に知った“北村邸”での占領による住宅接収とその後を手掛かりに、座談会形式で貴重なお話を伺う機会にしたいと思います。

日 時 2022年5月21日(金)
14:00~16:00(質疑応答含む)
申込締切 2022年5月17日(火)
参加費 会員1,000円(主催、共催者共)、
一般1,500円、学生無料
会場定員 5名(先着順)
会 場 京都市北文化会館1階第3会議室
(京都市北区小 山北上総町49番地の2 キタオオジタウン内)
地図はこちら
最寄駅 京都市営地下鉄「北大路」駅下車
京都市バス「北大路バスターミナル」下車
申込方法 (1)講演会名「5/21セミナー」
(2)氏名
(3)携帯電話番号
(4)勤務先または学校名
(5)会員・一般・学生の別
(6)オンライン・リアル参加の別
(7)CPD申請される方はID番号
上記項目を明記し下記口座にご入金いただき明細票(写真等)添付の上、メールにて下記へお申し込みください。

申し込み登録完了の返信メールを一旦させていただき、オンラインID等の情報送信は開催数日前に送信対応します。

振込先 みずほ銀行 京都中央支店
普通口座 1636694
シャ)ニホンケンチクキョウカイキョウトシブ

※ご入金いただきました参加費の返金は致しかねますので、御了承ねがいます。

申込先 一般社団法人 日本建築協会 京都支部事務局
TEL : 075-211-2857 FAX : 075-255-6077
E-mail:kyokai-kyotoshibu@kyoto-kenchikushikai.jp

※会場参加の方は、当日は必ずマスクを着用していただき、発熱・咳等の症状が見られる場合には、出席をご遠慮ください。

「古都の占領」表紙:装幀-間村俊一

「古都の占領」表紙:装幀-間村俊一

北村邸 門屋と塀

北村邸 門屋と塀

栗原邸 門

栗原邸 門

■講師プロフィール
西川 祐子(にしかわ ゆうこ)
1937年東京生れ、京都育ち。元京都文教大学人間学部教授
専門はフランス文学、女性史、ジェンダー論

著書
「花の妹 岸田俊子伝」岩波現代文庫 2019年
「近代国家と家族モデル」吉川弘文館 2000年
「住まいと家族をめぐる物語-男の家、女の家、性別のない部屋」集英社新書 2004年
「古都の占領 生活史から見る京都 1945-1952」平凡社 2017年

河角 直美(かわすみ なおみ)
立命館大学文学部地域研究域准教授
専門は地理学、地域研究、人文地理学

著書
「京都の歴史災害」思文閣 2012年
「自然と人間の環境史」共著 海青社 2014年
「地図で楽しむ京都の近代」共著 風媒社 2019年
など

お申し込みフォーム

参加者

氏名 ※必須
携帯電話番号 ※必須
勤務先または学校名 ※必須
会員・一般・学生の別 ※必須
オンライン・リアル参加の別 ※必須
E-mailアドレス ※必須   ※半角英数

※ドメイン@aaj.or.jpを受信できるようにメールの受信環境の確認、設定をお願いします。

確認用E-mailアドレス ※必須   ※半角英数
ご入金明細票の画像 ※必須

CPDの申請

ID

お申し込み後、確認のご連絡をさせていただきます。
ご連絡がない場合はお手数ですがお電話にてご確認おねがいいたします。

TOP