• 新しい地平へ 日本建築協会創立100周年記念事業

一般社団法人 日本建築協会 ARCHITECTURAL ASSOCIATION OF JAPAN

日本建築協会創立100周年記念事業 新しい地平へ

日本建築協会は1917(大正6)年、片岡安主唱のもと、武田五一ら関西在住の建築家によって創立された。
来たる2017(平成29)年3月30日、創立100周年を迎えるにあたり、この記念すべき年をより意義深いものとするため、記念事業や記念誌の発行をはじめ、様々な企画を実施する。

そこでは協会100年の輝かしい歴史を振り返るだけではなく、次の新しい100年に向かってしっかりと踏み出すという意味を込め、企画テーマを「新しい地平へ」とした。

記念事業事前申込制(記念式典を除く)


11:00 - 12:15公会堂見学会

講師と共に特別室から地下の免震部分まで見学します。

定 員 60名(先着順)※定員に達しました
13:00 - 14:20記念式典・表彰式

ご招待者の他、ご自由にご観覧いただけます。

会 場 1F 大集会室
14:45 - 16:00記念講演会
定 員 1,000名(先着順)
会 場 1F 大集会室
登壇者  

槇 文彦

講師槇 文彦 まき ふみひこ建築家

1928年東京生まれ。東京大学工学部建築学科卒、ハーバード大学修士修了。両校で、後に教鞭をとる。現在、槇総合計画事務所代表取締役。2013年新国立競技場のプログラムに反対する槇グループの発足、2016年、案の白紙撤回とともに解散。現在、国立代々木競技場世界遺産推進委員会代表の一人。

主な受賞歴

日本建築学会賞、朝日賞、プリツカー賞、UIA及びAIAゴールドメダル等

主な著書

『見えがくれする都市』(共著:鹿島出版会)
『記憶の形象』(筑摩書房)
『漂うモダニズム』(左右社)
『Nurturing Dreams』(MIT Press) 等

倉方 俊輔

聞き手倉方 俊輔 くらかた しゅんすけ建築史家

1971年東京生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業、同大学院修了。博士(工学)。2011年から大阪市立大学大学院工学研究科准教授。日本近現代建築史の研究・批評・紹介の他、日本最大級の建築公開イベント「イケフェス大阪(生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪)」実行委員会委員、日本建築設計学会「建築設計」編集長などを務める。

主な編集書

『東京レトロ建築さんぽ』(エクスナレッジ)
『吉祥寺ハモニカ横丁のつくり方』(彰国社)
『これからの建築士』(学芸出版社)
『伊東忠太建築資料集』(ゆまに書房)
『大阪建築 みる・あるく・かたる』(京阪神エルマガジン社)
『ドコノモン』(日経BP社)
『吉阪隆正とル・コルビュジエ』(王国社)等

16:15 - 18:15祝賀会
参加費 5,000円
定 員 300名(先着順)
会 場 3F 中集会室

ビュッフェスタイルの立食パーティです。
※祝賀会のみ有料の催しです。ご注意ください。

18:30 - 20:15記念パネルディスカッション「Architecture & Society / Architect in Society」

海外で活躍するU-35世代とともに、「建築と社会」の未来を考えます。

定 員 1,000名(先着順)
会 場 1F 大集会室
ゲスト  

澤 秀俊

澤 秀俊 さわ ひでとし

建築家
Vo Trong Nghia Architects|ベトナム

1983年岐阜県高山市生まれ。2005年名古屋工業大学卒業。ミュンヘン工科大学、HEIDE & VON BECKERATH(ベルリン)後、東京工業大学大学院修士課程修了。2011年テーラード・デザイン研究所共同設立。2014年よりパートナーとしてVo Trong Nghia Architectsに勤務

小室 舞

小室 舞 こむろ まい

建築家
Herzog & de Meuron|香港

1983年大阪府生まれ。2005年京都大学工学部建築学科卒業の後、スイス連邦工科大学チューリヒ校留学を経て、東京大学大学院建築学専攻修士課程修了。2008年よりHerzog & de Meuron (バーゼル)に所属し、2014年よりAssociate としてHerzog & de Meuron (香港)に勤務

森山 茜

森山 茜 もりやま あかね

テキスタイルデザイナー
Studio Akane Moriyama|ストックホルム

1983年福岡県生まれ。2008年京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科建築設計学専攻修了。スウェーデン政府給費留学生として2010年コンストファック芸術大学テキスタイル学科修士課程修了。2010年にStudio Akane Moriyamaをスウェーデンにて設立、テキスタイルを中心に建築空間における作品を制作。現在もストックホルムにて活動中

吉村 有司

吉村 有司 よしむら ゆうじ

建築家
laboratory urban DECODE|バルセロナ

1977年愛知県生まれ。2000年中部大学工学部建築学科卒業、2016年ポンペウ・ファブラ大学大学院情報工学科博士課程修了(コンピュータサイエンス専攻)、Ph.D. バルセロナ現代文化センター、UNESCO Chair(UPC)、バルセロナ都市生態学庁、カタルーニャ先進交通センターなどを経て、現在、laboratory urban DECODE共同代表、マサチューセッツ工科大学建築都市計画学部所属研究員、ルーヴル美術館リサーチ・パートナー

 プレイベント

Happy birthday dear A building!

ハッピーバースデイソングで御堂筋の老舗ビル(築50年以上)の誕生日を祝う2016.3 - 2017.5

近代建築見学会 - 大阪の都市景観 再見 -

近代建築を中心とした建築見学ウォーキング

  • 第1回 中之島WALK 2016.12.10 [土]
  • 第2回 御堂筋WALK 2017.1.21 [土]

※終了しました


 100周年記念誌の発行
  • ● 日本建築協会 100年史 1917 - 2017
  • ● モダンエイジの建築 -「建築と社会」を再読する-
  • ● 関西の建築界/群像

発行2017.3.30 [木] 当日頒布予定

 「建築と社会」100周年記念号の発行

2017年3月号を100周年記念号とし、日本建築協会の「これからの100年」を展望した特集を組む。

特集タイトル:日本の「建築と社会を繋ぐ」プロジェクト100

発行2017.3.1 [水]

会場へのアクセス

中央公会堂のWebサイトへ

協会からのお知らせ NEWS form The Architectural Association of Japan

  • 総合トピックス
  • コンクール
  • 見学会・講演会・講習会
  • 総会・理事会・委員会等

見学会のご案内 Information of the study by observation

近代建築見学会 −大阪の都市景観 再見−

この見学会は、建築CPD情報提供制度認定プログラム申請中です。(2単位)
創立100周年プレイベント

近代建築見学会 −大阪の都市景観 再見−

2017年1月21日(土)13:30 - 16:00 ※終了しました

1917(大正6)年に、関西を土壌に活躍する建築家により「関西建築協会」として創立された当協会は、2017年3月30日にいよいよ100周年を迎えます。創立100周年記念のプレイベントとして、近代建築を中心とした建築見学ウ... 詳しくはこちら

TOP