一般社団法人 日本建築協会 ARCHITECTURAL ASSOCIATION OF JAPAN

若き創造者たちへ
「第69回青年技術者顕彰」のご案内

日本建築協会では、昭和29年(1954年)から「青年技術者」を表彰してきました。これは、35才以下の優秀な設計者、技術者、研究者等を対象とするもので、若手建築技術者のいわば登龍門として定着しています。
今年も、青年技術者選考委員会を設けて、これまで通り、計画・設計・構造・設備・施工およびその他の分野について青年技術者を表彰します。
選考は有職者による選考委員会が行い、選出された方は、本会総会での表彰、「建築と社会」への掲載等を予定しています。建築界の様々な分野で活躍されている皆様の積極的なご応募をお待ちしています。

応募提出規定

1.応募できる人は満35歳(2022年3月31日現在)以下の本会個人会員に限る。
2.原則として、すいせん者を併記し、すいせん者1名につき被すいせん者(青年技術者)1名とする。
すいせん者は被すいせん者の勤務する組織の上司か上長とする(組織の代表者や所属部署の長でなくとも構わない)。すいせん者が学校教官である場合はこの限りでない。また本人が組織の代表者である場合は自せんとする。
また、組織内で専門分野ごとのすいせんは1名程度とする。組織の単位は支店もしくはそれに類する営業所を1単位とする。
3.応募分野は特定しない(建築に関するあらゆる分野を対象とする)。応募者は、たとえば計画、一般設計、住宅・インテリア設計、構造、設備、施工、技術開発、行政、情報、コーディネート等の分野にあって、成し遂げたすぐれた実績について、下記の提出資料(印刷した紙資料原版)を1 部、本会に期日までに提出するとともに、PDFデータを申込先のメールアドレスへ送付するか紙資料とともにCD-R等のメディアで提出する。
なお提出資料の返却は行わない。
4.提出された資料は「青年技術者選考委員会」において選考する。
5.「青年技術者選考委員会」において選出された青年技術者は本会総会において表彰し、「第69回青年技術者特集号」(2022年7月号予定)に掲載する。
6.提出資料
応募用紙:本会事務局で発行、またはこちらからダウンロードしてください。
略歴:本人の氏名、生年月日、最終学歴、業歴、作品経歴等をA3版1枚以内で下記選考資料最終ページに添付してください。
選考資料:A:業績資料(A3版5枚以内/書式は任意)
(1)設計の場合-鮮明な写真、配置図および主要平面図、概要、設計要旨、その他設計内容を説明するに十分な資料
(2)計画、構造、設備、施工の場合(それぞれの設計計画なども含む)-上に準じた資料
(3)上記以外の分野の場合-それぞれの分野にふさわしい資料

なお、業績資料に記載した業績において、本人が特に貢献した、力量が活かされた、と思われる部分を説明してください。

B:青年技術者の思い(A3版1枚以内/書式は任意)
本人の建築、都市、環境などに対する考え方、取り組み姿勢と将来展望等についてまとめてください。文字だけでなく必要に応じて図表、写真等も用いてもかまいません。ただし、応募者本人の執筆に限ります。
7.選考基準提出資料をもとに、これまでの業績に対する評価と共に、本人がどのように貢献し、力量を発揮したか、どのような姿勢や想いで取り組んだか。また、本人の建築、都市、環境などに対する考え方、取り組み姿勢や将来展望を総合的に評価する。
8.提出期限2022年3月31日(木)
9.提出先(一社)日本建築協会「青年技術者選考委員会」
〒540-6591
大阪市中央区大手前1-7-31
大阪マーチャンダイズ・マート7階
TEL : 06-6946-6981 FAX : 06-6946-6984
E-mail:jigyoka@aaj.or.jp
10.提出方法郵送(当日消印有効)または持参
PDFデータは3月31日23時55分までに発信
11.青年技術者
選考委員会
委員長 中原 岳夫 /(株)安井建築設計事務所大阪事務所設計部部長
委 員 駒井 陽次 /(株)Style-A一級建築士事務所代表取締役
  橋本  修 /(株)昭和設計執行役員
  水方 秀也 /(株)竹中工務店開発計画本部長(西日本担当)
  安福 健祐 /大阪大学サイバーメディアセンター准教授
  阿蘇品尚士 /(株)東畑建築事務所執行役員本社オフィス東京代表
  瀧野 敦夫 /大阪工業大学工学部建築学科特任准教授
  小倉 良友 /(株)日建設計エンジニアリング部門
 設備設計グループシニアダイレクター
  古久保 真 /清水建設(株)関西支店設備設計部副部長
  山口 善史 /(株)大林組大阪本店建築事業部生産技術部長
  青木 康造 /大成建設(株)関西支店建築部品質管理室長

他1名

TOP