一般社団法人 日本建築協会 ARCHITECTURAL ASSOCIATION OF JAPAN

主催:一般社団法人日本建築協会片岡安賞(日本建築協会論考コンクール)
第1回 募集要項

趣旨

日本建築協会は、1917年に片岡安らによって設立されて以来、会誌『建築と社会』に多くの優れた論考を掲載し、建築界をリードする役割を担ってきました。本年創立100周年を迎えたのを機に、本会が歩んできた歴史を見つめ直し、会誌『建築と社会』が更に優れた論考の受け皿となり、建築界全体にとって有益な媒体となることを目指します。この目的に則り、本年より論考コンクールを実施し、優れた論考を顕彰し、会誌『建築と社会』に掲載することとなりました。ふるってご応募ください。

募集テーマ

これからの建築と社会-その関係を問う
建築は社会に在ってこれを構成し、また社会は建築を包んでこれに影響し、当然、建築と社会との関係も移り行きます。今、建築や建物、町や暮らし、私たちの仕事や職能等についても、見方や考え方が大きく揺れ動いています。そうしたダイナミックな様相と輻輳した関係性について、これからの、それぞれのあり様を描き出し、様々な場で様々なかたちで建築に関わりつつ生きる私たちの、これからの、姿や果たすべき役割を論じて下さい。

審査について

審査委員会 審査委員長 舟橋國男(大阪大学名誉教授)
審査委員 岩前 篤(近畿大学教授)
花田佳明(神戸芸術工科大学教授)
山浦晋弘(安井建築設計事務所)
勝山太郎(本会編集委員長)
審査方法

・全審査委員による査読の上、一次審査を行う。

・一次審査により選出されたものを対象とし、公開プレゼンテーションを開催する。その後最終審査を行い、受賞論考を決定する。

応募について

応募条件

応募記入用紙はこちら

・投稿料は無料とする。なお選考に伴う旅費は応募者の負担とする。

・応募者の国籍、年齢、所属は問わない。

・応募論考は単著、共著を問わない。

・応募論考は未発表のものに限る。ただし、会誌『建築と社会』に掲載された記事の改稿による論考は可とする。

・使用言語は日本語に限る。

・質問は受け付けない。

・受賞者は本会会員になることとする。

著作権・版権

・著作権は応募者に帰属する。

・ただし本会にかかわる出版・印刷においては、一般社団法人日本建築協会が自由に使用することができるものとする。

執筆要領

・頁数は、会誌『建築と社会』掲載時4頁(12,000文字程度)。

・必要事項を記入した応募用紙とともに下記提出先へメール送付もしくはA4サイズに印刷した物を郵送する。なお、応募用紙は本会ホームページからダウンロードする。

・電子データにて提出する場合、文書作成ソフトWord(Microsoft社)もしくはそれに類するもので原稿を作成する。添付画像は解像度300dpi以上とし、合計10MB以上になる場合は分割して送信すること。

発表と表彰

・受賞論考の論題と著者名を会誌『建築と社会』2018年5月号にて発表し、全文を6月号に掲載する。

・同6月の本会総会にて表彰し、受賞論考著者には賞状及び副賞を贈る。

提出先 一般社団法人日本建築協会

〒540-6591
大阪市中央区大手前1丁目7番31号 OMMビル7階
TEL.06-6946-6981
E-mail:jigyoka@aaj.or.jp

スケジュール

2017年 4月 募集要項公開
10月31日 応募締切(消印有効、電子投稿の場合23時50分)
11月~1月31日 一次審査
2018年 3月上旬 一次審査通過論考の公開プレゼンテーション
及び最終審査会開催(詳細は『建築と社会』に掲載)
5月 受賞論考・著者名発表(『建築と社会』2018年5月号)
6月 論考本文を会誌『建築と社会』2018年6 月号に掲載
6月 表彰式(一般社団法人日本建築協会定時総会)

後援:(公社)大阪府建築士会、(一社)大阪府建築士事務所協会、(公社)日本建築家協会近畿支部、(一社)日本建築学会近畿支部

TOP