一般社団法人 日本建築協会 ARCHITECTURAL ASSOCIATION OF JAPAN

設立の目的と沿革

設立の目的

日本建築協会は建築設計事務所、建設業をはじめ建築材料、建築設備、機器メ-カ-、官公庁・教育機関等建築関係の各分野から参加する幅広い会員の連携協力によって、建築に関する学術、技術、事業の進歩発展を図るとともに建築を通じて広く社会に貢献することを目的としている一般社団法人です。

沿革

日本建築協会は大正6年(1917)3月に創立しました。
設立当時建築界においては、西欧建築直輸入の時期を終え学卒者も官公庁への就職一辺倒から、財閥会社への就職または自由なアーキテクストを目指す人々も増加しており、東京偏重からより自由な発展期の大阪で定着しようとする建築家が増加していたときであります。
この中で関西の建築家を大同団結させる気運が生じ、片岡安主唱のもとに関西在住の建築技術者が相集い「関西建築協会」として創立されました。
関西建築協会は大正8年(1919)1月に現在の名称と同じ日本建築協会に改称され同15年(1926)10月20日に、時の内務大臣浜口雄幸から建築関係最初の公益法人として認可されております。
その後戦後の社会情勢に対応するため会員構成も広く建築関係を網羅することとして、以来今日に至っております。
平成25年4月1日付けで一般社団法人へ移行が認可されました。

本会を支えてきた人々(創立委員)

本会を支えてきた人々
氏名 所属(創立時)
片岡 安 辰野片岡建築事務所
波江 悌夫 辰野片岡建築事務所
池田  實 大阪府
設楽 貞雄 設楽建築工務所
武田 五一 京都高等工芸学校

協会は次のような組織を通じて事業活動を行っています。

組織図

歴代理事長

  年度 理事長 所属(就任時)
初代 1917~20年 片岡 安 辰野片岡建築事務所
2代 1921~26年 葛野 壮一郎 葛野建築事務所
横濱  勉 司法省
池田  實 大阪府
松本 禹象 株式会社大林組
園部 文雄 大阪市

歴代会長

  年度 会長 所属(就任時)
初代 1927~45年 片岡  安 片岡石本建築事務所
2代 1946~57年 竹腰 健造 日本建設産業株式会社
3代 1958~63年 尾崎 久助 日建設計工務株式会社
4代 1964~70年 東畑 謙三 株式会社東畑建築事務所
5代 1971~81年 塚本 猛次 株式会社日建設計
6代 1982~84年 福田 朝生 株式会社双星社竹腰建築事務所
7代 1984~93年 佐野 正一 株式会社安井建築設計事務所
8代 1994~01年 市川  宏 株式会社東畑建築事務所
9代 2001~03年 金多  潔 京都大学
10代 2003~08年 佐野 吉彦 株式会社安井建築設計事務所
11代 2008~12年 中井  進 株式会社日建設計
12代 2012~17年 香西 喜八郎 株式会社東畑建築事務所
13代 2017年~ 設楽 貞樹 株式会社安井建築設計事務所
TOP