大阪「ええまち」創生プロジェクト第1弾 大阪「かくれたええとこ」再発見コンクール

大阪かくれたええとこ再発見コンクール 入賞者一覧

多数のご応募を頂きありがとうございました。
216点の応募があり、審査の結果次の方が当選されました。

最優秀賞

最優秀賞 未来のスパイラル・ジャングル

あずまい  よしのぶ

東井 嘉信 様

題名:未来のスパイラル・ジャングル
名称:船町緑地
応募対象所在地:大阪市大正区船町1丁目

作品の詳細はこちら

入選作品 砂利道のある街角

おおたに

大谷 くりこ 様

題名:砂利道のある街角
応募対象所在地:大阪市阿倍野区阪南町4丁目11番辺り

作品の詳細はこちら

 

入選作品 駐車場になったお風呂屋さん

はやかわ としお

早川 壽雄 様

題名:駐車場になったお風呂屋さん
名称:駐車場
応募対象所在地:大阪市阿倍野区阪南町1-17

作品の詳細はこちら

 

入選作品 水上住居出現!?

かとう ゆうさく

加藤 祐策 様

題名:水上住居出現!?
名称:桃ヶ池公園
応募対象所在地:大阪市阿倍野区桃ヶ池1丁目

作品の詳細はこちら

 

入選作品 石畳階段と防空壕

やまもと かつひこ

山本 勝彦 様

題名:石畳階段と防空壕
名称:北大江公園北側の石畳階段と防空壕跡
応募対象所在地:大阪市中央区石町1丁目3

作品の詳細はこちら

 

入選作品 西谷町アパート

よしなが けんいち

吉永 健一 様

題名:西谷町アパート:戦後の都市不燃化の試みの名残
名称:西谷町アパート
応募対象所在地:大阪市中央区谷町9丁目4-7

作品の詳細はこちら

 

入選作品 再生を待つ 赤レンガ倉庫

よしだ しんいち

吉田 進一 様

題名:再生を待つ 赤レンガ倉庫
名称:旧住友倉庫
応募対象所在地:大阪市港区海岸通2-6

作品の詳細はこちら

 

入選作品 西道頓堀モダニズム

なかはら ふみお

中原 文雄 様

題名:西道頓堀モダニズム
名称:湊町ビル
応募対象所在地:大阪市西区南堀江1

作品の詳細はこちら

 

次の作品は残念ながら入選には至りませんでしたが、第一次選考を通過されました。

題名 名称 応募対象所在地
だんらん   大阪市北区中崎3丁目1
人の歩む道   大阪市中央区上本町西3丁目
「商人の町」なにわの知る人ぞ知る乾物問屋街 褐纉。商店 他 大阪市北区菅原町6-15
もっと生かしたい 水都のシンボル 住吉の高灯籠 大阪市住之江区浜口西1丁目
おそるべき発想 国道176号線 階段下 大阪市北区大深町2丁目
小さく大きな存在 地蔵尊 大阪市北区中津1丁目3
時限花畑   大阪市生野区桃谷3丁目1
古美(こび)うる城東區   大阪市城東区新喜多〜今福
こうもん 毛馬の閘門 大阪市都島区毛馬町3丁目
銀杏スリット(御霊神社参道) 御霊神社参道見返し 大阪市中央区淡路町
低架下 貨物線の高架下 大阪市城東区蒲生2丁目5

審査講評

審査委員長 橋爪 紳也

今年度の審査にあたって、私は2点の審査基準を設けました。1点目は、とり上げた場所に対して応募者が抱いている強い思い入れや、その場所をもっとよくしたいという熱意が作品に反映されているのかどうか。2点目は応募要項に書いてある“おもろい場所”“けったいな場所”をどう解釈しているのか。単に笑うことができるという意味合いでの面白みやけったいさではなく、だれもが納得できる「知的な面白さ」、あるいは「社会への大事なメッセージ性を含む奇妙さ」があるかどうかを評価しました。写真だけではなくコメントの内容も選定の参考としました。

受賞作品を見ていきますといくつかの傾向があります。ひとつには歴史のなかに埋もれてしまった風景を再発見するもの。『砂利道 のある街角』は、昔であればごく普通にあった長屋の前の砂利道ですが、今となっては貴重な未舗装の道路の存在意義を強調するものです。『石畳階段と防空壕』は生活の場にさりげなく存在している戦時下の遺物に、いま一度注目せよとアピールする作品です。また意外な転用を果たした事例を発見した作品もありました。そのなかで『駐車場になったお風呂屋さん』は、とりわけユニークであったと思います。

一方で大阪の個性を、再確認する作品にも賞に値するものがありました。大阪らしい光景のひとつに、水面に映える建物の情緒があると思います。『西道頓堀のモダニズム』は「水の都」ならではのモダンなビルディングを紹介するもの。『水上住居出現!?』は、もうひとつの水都の光景で池に面した風景を記録したもの。歴史的なストックを未来に繋いでいくことの意義を提唱する作品もありました。『再生を待つ 赤レンガ倉庫』『西谷町アパート:戦後の都市不燃化の試みの名残』の二作品は、この傾向の作品群のなかで優れたものだと思います。特に防災の見地から堅牢に建設された西谷町アパートを扱った後者は、戦後復興から高度経済成長に至る過程にあって、都心に建造された一連の集合住宅に注目したものです。戦後の建物を歴史的に評価し、今後も継承してゆくことの意義を訴えるコメントに強く共感しました。

多くの応募作のなかで、私が直感的に面白いと思い、またコメントを読み込むなかで、これ以外に最優秀賞はないと思った作品が 『未来のスパイラル・ジャングル』です。写真そのものの力強さもありますが、誰も入ることができない緑地の風情に未来都市の状況を夢想するコメントが実に効果的です。歴史的な存在の価値をもう一度見つめなおし、その未来をいかに見通すのか。今回のコンクールの趣意に沿った作品であると思います。

最後に、良い意味で私の予想を裏切る素晴らしい作品を応募していただいたことを感謝して、審査委員長の総評としたいと思います。

(はしづめ しんや:大阪府立大学21世紀科学研究機構教授・大阪府立大学観光産業戦略研究所長、 建築史家)

○入賞写真の展示予定

 ・日時 平成21年6月10日(水)〜6月13日(土)
  10:00〜17:00 最終日のみ16:00まで
 ・場所 大阪市住之江区南港北1-5-102 インテックス大阪3号館
 (けんざい2009 会場)(社)日本建築協会ブース

○ 本件問い合わせ先 (社)日本建築協会 編集事業課 片山

TEL:06-6946-6981 FAX:06-6946-6984